不妊治療、不妊相談、マタニティブルーは漢方薬ピュアへ

妊活ブログ

  1. HOME
  2. 妊活ブログ
  3. 子宝
  4. 子宝カウンセラーの会に行ってきました!3

子宝カウンセラーの会に行ってきました!3

子宝

一般社団法人統合医療生殖学会第部のお話は
『東洋医学を用いた不妊治療のアプローチ』中山 毅先生です。
中山先生は、静岡厚生病院 産婦人科医師
専門は東洋医学、抗加齢医学、内視鏡手術
俵IVFクリニックにて、不妊漢方外来を担当

 

中山先生も卲輝先生と同じ考え方で、
受精卵は種子   子宮内膜は苗床
不妊治療には、受精卵が根をおろし育つ環境つくりが重要!

 

脾胃の状態を良くする
気の異常(気鬱・気逆・気虚)を整える
冷えを改善する
瘀血を取り去る

 

特に卵巣周辺の血流と卵子の発育は関係が深い
加齢・骨盤内手術既往・卵巣周囲癒着は卵巣血流が低下する。

血流の低下は卵子の質が低下する!

卵巣周辺の血流が低下の原因の一つである子宮筋腫
30歳以上の30~40%に認める
リスク因子は・・・・・
①低い初経年齢(11歳以下>13歳以上)
②少ない妊娠回数(筋腫が不妊症の原因?)
③高いBMI(エストロゲンやアンドロゲン活性↑)
④アルコール摂取と関連
⑤カフェイン摂取(1日3杯以上)
⑥黒人>白人

 

中山先生は
組織酸素飽和度の測定をして、ショウキT-1がどのように働くかデータをとられました。
ショウキT-1を2袋内服すると組織酸素飽和度が上がり
そのことにより、ショウキT-1は
血流循環促進・冷えの改善が証明されて、結果・・・子宮・卵巣機能Upにつながることがわかりました!

2017年子宝

 

 

関連記事

NK細胞活性
2月の薬膳教室
五月のお休み

お客様のご懐妊の声User's voice

まずはお気軽に
ご相談ください
Contact

受付時間:10:00~18:00
※日曜の12時以降は相談ご予約のみ
定休日:水曜・祝日