不妊治療、不妊相談、マタニティブルーは漢方薬ピュアへ

不妊に関する知識

  1. HOME
  2. 不妊に関する知識
  3. 不妊の原因
  4. 慢性炎症と不妊・不育症

慢性炎症と不妊・不育症

不妊の原因

慢性炎症と不妊、不育症

中医学で、炎症を
体質的に、熱症
その中でも、実熱と虚熱にわかれます。

臓腑のなかでも、熱になる証があり、
例えば、胃腸の湿熱や、生殖器の湿熱、瘀血が絡む瘀熱
多種あります。

分子栄養学の観点からは
慢性炎症を重要視していて、
炎症は、色々な病気に発展し、
治癒の邪魔をします。

≪慢性炎症のレベルが高いほど寿命が短い!!≫
(NHKスペシャル2016年10月29日放送)

研究調査の結果、どの年代でも慢性炎症がひどいほど
短命でした。

炎症を引き起こす原因として

①肥満した脂肪細胞がある人

 脂肪は内分泌臓器で、サイズが大きくなると
 炎症性物質を放出します。

 見た目が太っている人、
 見た目は細くても、内臓脂肪がある人

②魚よりも肉を多く食べる人

 
 オメガ6のサラダ油や
 お肉に含まれるアラキドン酸は
 炎症物質である
 プロスタグランジンE3を作ります。

 一方、オメガ3 アマニオイルや
 魚はEPAは、炎症抑制物質である
 プロスタグランジンE2を作ります。

 炎症性物質である、オメガ6等も
 体に必要ですが、現代人は
 炎症性物質が多すぎるのが問題です。

③睡眠

 睡眠の質や睡眠障害によって
 炎症マーカーである
 CRPやIL-6を増加することがわかっています。

 睡眠は6時間から8時間がベスト
 8時間以上寝てもすっきりしない人や
 起きにくい方は、睡眠の質に問題があります。
 また、6時間未満の人も
 炎症性物質ができやすくなります。

④ストレス

ストレスを受けるとその生体内で、
炎症を起こす物質が発生します。
 ストレスは、早いうちに処理することが
 大切!
 処理するには、運動することが良いそうです。
 
⑤胃腸の炎症

 ピロリ菌を持ってる人
 腸は、未消化のものが腸に侵入
 (グルテン、カゼイン、薬)

⑥皮膚病

 湿疹やアトピー【局所的な炎症】

⑦ビタミンD不足

 ビタミンDの不足は炎症体質になりやすい

ここからが、本題ですが、

不妊・不育症のクライアントの方は、
慢性炎症は、見逃してはいけないです。
キーとなることが多い・・

病名では

骨盤内炎症性疾患
子宮内膜の炎症
子宮内膜症・卵巣嚢腫
子宮筋腫
卵巣水腫

上記の病気は
中医学的な観点からも炎症ととらえて、
熱毒の治療や清熱剤を使うことが多いです。

治療法としては、

清熱利湿(炎症をとりながら、湿をさばいていく)
滋陰清熱(炎症をとると同時に潤す)
清肝利湿(肝のバランスを調整しながら、熱をとって湿をさばく)
など

また
炎症+瘀血が絡んでいる場合はとても多いので、

瘀血を取り去るものも使用する

炎症の原因となることをみつけて
そこにも、アプローチする。

私の感じることですが、

原因不明の不育症、着床しない
ぜひ、慢性炎症をどこかにないか
拾ってみるべきだと思います。

 

それ以外の慢性炎症が関係する病名は

癌・糖尿病・動脈硬化・乾癬
肺疾患・心疾患・自己免疫疾患
アレルギー疾患・腎臓病・掌蹠膿疱症

慢性炎症の原因をみつけ
そこにアプローチ

今、炎症が起きている火を消すこと

同時にすることが、早道です。

中医学的観点と
分子栄養学的観点

どちらも大切です。

自分の体の状態を正確に知ることは
自分の未来を変えることにつながります。

関連記事

そもそも漢方って?
卵子の質を高めるためには
不妊症になりやすい人

お客様のご懐妊の声User's voice

まずはお気軽に
ご相談ください
Contact

受付時間:10:00~18:00
※日曜の12時以降は相談ご予約のみ
定休日:水曜・祝日