不妊治療、不妊相談、マタニティブルーは漢方薬ピュアへ

妊活ブログ

  1. HOME
  2. 妊活ブログ
  3. 子宝
  4. ●英ウィメンズクリニックにて臨床医学研修会に参加してきました。②

●英ウィメンズクリニックにて臨床医学研修会に参加してきました。②

子宝

10月28日月曜日  

今日は胚培養士 田中里美先生

    医学博士 卲輝先生

    英ウィメンズクリニック 院長  苔口 昭次先生

    英ウィメンズクリニック 理事長 塩谷 雅英先生  のお話です。にひひ

胚培養では、英ウィメンズクリニックにて開発し、

医療特許を取得したシート(SEET)法が着床率をあげています。

                シート(SEET)法

体外受精あるいは顕微授精で得られた胚を体外で5~6日間培養し、胚盤胞になったら、

これを一度凍結します。同時に、この胚盤胞を培養した培養液も回収し、別に凍結。

別の周期にこの胚盤胞を融解移植する際、まずあらかじめ凍結しておいた培養液を融解し、

子宮腔内に注入して、その2~3日後に胚盤胞

を融解移植します。

顕微授精(ICSI)では、IMSI(イムジー)法をすることで、

ICSI    着床率  1.6%     胎児心拍陽性率   2.3%

IMSI    着床率  12.9%    胎児心拍陽性率   15.9%

この差はすごいです。

IMSI法とは、

6000倍の顕微鏡下で形態のよい精子を選別するのですが、

6000倍の顕微鏡でみてみると、精子の先端に空包があるのがみえます。

その空包があるものを選ばず、ない精子を選ぶことで、上記のような結果となるのです。

レーザ補助ふか療法では、

受精卵の透明帯にレーザーをあてて、孵化しやすくします。

映像で見さしていただいたのですが、

補助ふか療法をした、受精卵はたやすく孵化がおこりますが、

していない受精卵は孵化しようと何度も繰り返し殻をやぶろうとするのですが、

うまくいかずに力尽きてしまいます。

英ウィメンズクリニックでは、凍結胚はこの方法を用いておられています。

胚培養のお話だけでも、技術の高さに驚かされました。

関連記事

はじめよう!~春の薬膳から免疫力を高める~
不妊の原因
受精卵のグレードより着床力??

お客様のご懐妊の声User's voice

まずはお気軽に
ご相談ください
Contact

受付時間:10:00~18:00
※日曜の12時以降は相談ご予約のみ
定休日:水曜・祝日