不妊治療、不妊相談、マタニティブルーは漢方薬ピュアへ

妊活ブログ

  1. HOME
  2. 妊活ブログ
  3. 子宝
  4. ●卵子の老化 1

●卵子の老化 1

子宝

今日は、雨です雨

でも、この時期雨が

花粉も黄砂もPM2.5も

洗い流してくれますキラキラ

今日は、『卵子の老化』についてお話致します。

実際に勉強会等で、学んだことを

噛み砕いて、わかりやすくログできたらと思います。

卵子は、女性が生まれる前にすべて作られます。

その後は、新しく補充されることはないのです。

では、原始卵の数が一番多い時期は

お母さんのお腹の中で5か月をむかえるころで、

片側の卵巣に約700万個あります。

しかし、生まれてくるころは、

原始卵胞は細胞自殺(アポトーシス)をしてゆくために

約100万個になってしまいます。

初潮があるころは、約40万個。

それからは、毎月1000個ほどの原始卵胞を

成長させて、排卵するのは1個です。

それ以外はみな死んでいきます。

1個の主席卵胞が排卵するために

20歳代で約1000個

30歳代で約500個

35歳代で約100個

40歳代で約10個

50歳で閉経を近づくときは1000個以下になっています。

37歳~38歳ごろを境に原始卵胞の減り方が激しくなります。

女性が生まれて、排卵するまでに

卵胞は卵巣にストックされているので、

初めて排卵するときでさえも

卵は12年ほど経っています。

それが、例えば35歳で、排卵するころは

卵は35年+約1年経った卵子となります。

関連記事

●月経前症候群(PMS)
漢方(中医学)での不妊の原因3
9月のお休み

お客様のご懐妊の声User's voice

まずはお気軽に
ご相談ください
Contact

受付時間:10:00~18:00
※日曜の12時以降は相談ご予約のみ
定休日:水曜・祝日