不妊治療、不妊相談、マタニティブルーは漢方薬ピュアへ

妊活ブログ

  1. HOME
  2. 妊活ブログ
  3. 食について
  4. 4月の薬膳

4月の薬膳

食について

急に寒くなりました・・・

暖かさになれつつある体には、この気温差堪えます!!

 

今月の薬膳のメニューは

●香り食材のじゃがいも豆乳スープ

●鯛のポワレ2種ソースで

●人参とクコのラペ

 

今回は薬膳でも

お洒落な洋風メニュ―です。

 

春は五臓の肝の季節です。

 

肝は目、筋、自律神経と深く関係してます。

 

 

肝は血を蔵し、

血によって精神活動が営まれます。

 

元々、血が少ない人(血虚)は

春になるとイライラしやすくなり、

出産や出血などでも、血が消耗されるとの

精神的な症状がでやすくなります。

 

血を作るのは脾(胃腸)です。

 

今回のスープは

胃腸を整える食材、じゃがいもをベースに作られてました。

 

スープの上にタコのコンフィ風を浮かべます。

タコはタウリンたっぷりで肝に効くそうです!

 

タコのコンフィ風

 

刺身用茹でたこ   70g

塩         少々

白ワイン      小さじ1

紫蘇        5枚

チャック付密閉袋  1枚

A オリーブオイル  大さじ2

塩昆布      1つまみ

 

タコを食べやすい大きさに切り(たこ焼きに入っている大きさ)

塩とワインをもみこみ、しばらく置きます。

 

紫蘇4枚をみじん切りし、1枚はトッピング用に細切りにしておく。

 

チャック袋に①、②、Aを入れ、よくもんだ後、

空気を抜き密封し、鍋に湯を沸かして、沸騰したら止めた

その鍋に袋ごといれて、1時間程度おく。

 

スープに入れても美味しかったですが、

少し大きめにして、おつまみで食べても美味しいです。

 

昆布はデトックス食材

白身の魚は胃腸の機能を整える

ブロッコリーなどの緑の濃い野菜は

中医学での『肝』を調節する働きがある。

春は気をめぐらすと良いので、

香りのものを食材に使うといいです。

 

排卵時期は特に気をめぐらすことが重要です。

お茶も香りのよいジャスミン茶などがお勧めです。

漢方薬では排卵時期に理気の剤を使います。

 

 

季節にあった食材を上手に使いながら

お料理すると楽しいですね。

4月の薬膳

4月の薬膳324月の薬膳

 

 

 

 

 

関連記事

出産後のうつや疲れ
7月のお休み
妊娠しないのは、卵子が原因ではなかったんだ!

お客様のご懐妊の声User's voice

まずはお気軽に
ご相談ください
Contact

受付時間:10:00~18:00
※日曜の12時以降は相談ご予約のみ
定休日:水曜・祝日