不妊治療、不妊相談、マタニティブルーは漢方薬ピュアへ

妊活ブログ

  1. HOME
  2. 妊活ブログ
  3. 食について
  4. 薬膳教室に行ってきました!

薬膳教室に行ってきました!

食について

12月のテーマは
『冬のぽかぽかエネルギーチャージ薬膳』です。

冬はエネルギ―を蓄える時期であり、エネルギ―を外に出したくない時期です。
また、五臓では腎の季節であり、腎の気が弱りやすい時期です。

寒さによって体が冷え、体内の様々なものの巡りが悪くなり、
効率よくエネルギ―を作り出すのが難しい時期でもあるので、
身体が温まる食材を上手に取り入れながら
腎に入る『黒い食材』も摂っていきましょう!!

今回、蓮の実と栗の炊き込みご飯を作りました。

その中で、黒いものは昆布
昆布を細く切ってそのまま炊き込むことで、
昆布からの出汁だけで、美味しいですし、
昆布も食べれます。

蓮の実は気を補います
栗は足腰の強化
椎茸はアンチエイジング・気も補います
白きくらげは美肌効果(ツバメの巣に匹敵するらしいです)

作り方は簡単です~

蓮の実     20g
白きくらげ    5g
米        2合(300g)
椎茸      50g
うす揚げ    1/2枚
甘栗      100g
塩        2つまみ

A

水 400ml
酒 大さじ2
薄口醤油 大さじ3
細切り昆布 5g

準備
蓮の実と白きくらげを水で戻す
米を洗い、土鍋にAを入れて30分つけておく
うす揚げを油抜きする

① 椎茸、うす揚げ、白きくらげを細く刻み、土鍋に加える。
② 土鍋に甘栗、蓮の実を散らし、塩を加える。
③ 中火にかけ、沸騰したら湯気が出たのを確認し、弱火にして10分炊く。
火を止めて10分蒸らす。
私は、お料理教室から帰って、すぐその晩に作りました。
蓮の実は一晩水に浸けておかなくてはいけないので、
蓮の実なしで、炊きましたが、
美味しかったです!!
冬は黒い食材と
乾燥対策としては、
潤いの血や水を増やす、「白や赤い食材」
滞りを解消する巡りの良くする「香りの良い食材」を
加えていくのがポイントだそうです。

 

2015 12薬膳

関連記事

連日の妊娠報告!
●五月のお休み
ビタミンDと不妊

お客様のご懐妊の声User's voice

まずはお気軽に
ご相談ください
Contact

受付時間:10:00~18:00
※日曜の12時以降は相談ご予約のみ
定休日:水曜・祝日