不妊治療、不妊相談、マタニティブルーは漢方薬ピュアへ

妊活ブログ

  1. HOME
  2. 妊活ブログ
  3. 着床のあれこれ
  4. 流産後の子宮内膜

流産後の子宮内膜

着床のあれこれ

流産後、内膜が厚くならない、
クライアントさんの、ご相談があります。

東洋医学での治療は、
活血薬を使って、子宮内膜の血流を、改善していきます。
活血薬も色々種類があるので、
クライアントの体質でチョイスしていきます。

子宮の大掃除をする感じですね~(*^-^*)

あとは、流産による、血の不足を補うために、
クライアントに合った補血剤を一緒に入れていくのが
ポイントです❕

流産後でなくても、常に、内膜が厚くならない

ホルモンを入れると厚くならない

原因として東洋医学で考えられるのは、

血の不足
子宮周辺、子宮の血流
腎の虚

漢方薬ピュアでのクライアントさんで

体質に合わせて、妊娠する機能を
上げていく漢方を、入れていくと、

内膜が厚くなった

は、よくいただく言葉です。

内膜をケアしてるわけではないけど
クライアントの体の底上げをすることで

良くなる、副産物かな~(笑)

 

関連記事

妊活から妊娠・出産までの期間
●陽性でました。
北村愛先生のお料理教室行ってきました!

お客様のご懐妊の声User's voice

まずはお気軽に
ご相談ください
Contact

受付時間:10:00~18:00
※日曜の12時以降は相談ご予約のみ
定休日:水曜・祝日