不妊治療、不妊相談、マタニティブルーは漢方薬ピュアへ

妊活ブログ

  1. HOME
  2. 妊活ブログ
  3. 不育症
  4. 2.3DPGと不育症・流産の関係

2.3DPGと不育症・流産の関係

不育症

 

流産する原因として、胎児への酸素不足があります。
お母さんと赤ちゃん(胎児)に必要な酸素は
肺から赤血球によって運ばれ、毛細血管で供給されますが、
すべて、供給されるわけではありません。
赤血球の中にあるヘモグロビンが酸素と結合して
酸素を運びます が・・・
毛細血管で酸素を切り離さないと、意味がありません。
この酸素を切り離す物質が、2.3DPGです。

妊娠時の
妊娠中毒症、胎児の発育遅延や

流産、死仮、新生児仮死の人は
赤血球内の2.3DPGの値が低値を示すことが多い
ことが、研究でわかりました。

漢方薬ピュアの
症例でも、原因不明の不育症や着床不全で、
この2.3DPGをあげることで、
出産にいたるケースは少なくないです。

また、
流産する原因として、
中医学では、大きく分けて
瘀血、気虚、血虚、腎虚があります。

体質によって、漢方でのアプローチは
違ってきますが、
体質の漢方+
毛細血管の流れが悪い方には、
必ず2.3DPGを増える自然薬を使います。

健康な妊婦生活を送るために

まず、自分の体を知ること!

その1つとして
ご自分の毛細血管を観てみることを、

されることをお勧めします
(#^.^#)

関連記事

●内膜症、不育症の勉強会に行ってきました。
7月のお休み
活性酸素とミトコンドリア2

お客様のご懐妊の声User's voice

まずはお気軽に
ご相談ください
Contact

受付時間:10:00~18:00
※日曜の12時以降は相談ご予約のみ
定休日:水曜・祝日