TEL06-6426-1179/FAX06-6427-2012

24時間WEB予約

アクセス案内

不妊治療ご相談下さい
  • ホーム
  • 漢方薬ピュアが選ばれる理由
  • 不妊治療
  • 男性不妊
  • お客様ご懐妊の声1
  • 会社概要
兵庫県尼崎市栗山町1-11-21 阪急「塚口」駅より徒歩15分または尼崎市バス13番路線「南塚口7丁目」バス停下車

お客様ご懐妊の声2

同種免疫異常を乗り越えて

Yさん(40歳)

Yさん(40歳)との出会いはYさんが、
3回目の流産をされた直後でした。

病院ではリンパ球療法をしていますが、うまく育ちません。
3回目の流産の原因はクリニックで調べてもらったら染色体異常によるものでした。

年齢的にも体質改善、卵子の質をすこしでもよくしたい、同種免疫異常にもいいものがあればと思って来店

Yさんはとても血液の流れが悪くて、中医学での?血がめだちました。
全体の血流が悪いなら、子宮内膜の血流もいいわけがありません。
血流をよくする漢方薬は3か月間服用していただいて、
その後
卵子のアンチエイジング(染色体不分離をおこしにくくする)
プラス、免疫を調整するサプリメントを服用して、6か月後に採卵、移植
妊娠された、無事に昨日ご出産されました。

当店がおすすめしている商品は卵子の顆粒膜細胞を増やす以外に
免疫細胞の持つアンテナを敏感にして、免疫療法の効果を高めます。
また、上昇しやすい抗核抗体を安定させる働きもあります。
卵子については、卵子の老化の鍵となる活性酸素を
細胞の奥深くまで、除去し、
ミトコンドリア活性も同時に行います。

正常な免疫にすることが、
免疫における着床障害や不育症を改善する早道です。
また、染色体異常による流産も
卵子のアンチエイジングをすることによって
確率が低くなります。

 

Yさん、無事ご出産おめでとうございます。

子育て楽しんでください。

 

チョコレート嚢腫、多嚢胞、NK細胞活性高値、同種免疫異常を乗り越えて

Aさん36歳

卵管障害
抗精子抗体
チョコレート嚢腫
当店に来店されるまでに、人工授精5回 体外受精7回

半年間クリニックは休んでもらい、着床しやすい体作りに専念

半年後体外受精を再開
しかし、着床に至らず。

クリニックで不育症の検査をする

MCR  -370%(正常値22%以上)
NK細胞活性 52.1%(正常値18~40)

クリニックでのご主人のリンパ球移殖後
ピシニバニール使用にて、移植

4回トライするが、着床に至らず。

自然周期で、漢方薬とサプリメントだけで移植

着床

今までは、Aさん曰く、自力で内膜が厚くなることがなかったのですが、
漢方薬とサプリメントの身体作りで、
しっかりと自分の力でホルモンを出せて、内膜も厚くできたことが
成功につながったとおっしゃっておられました。

Aさんはあきらめない、あきない、あせらない
そして、赤ちゃんが授かると強い気持ちでいつも望まれたことが
結果に結びついたと思います。

 

着床前診断の受精卵、移植、陰性

Eさん(35歳)

受精卵を着床前診断をおこない、2回移植。
1回目移植後陰性だったので、クリニックで子宮鏡検査や不育症検査もしたのですが、異常なし。
2回目陰性後すぐに来店されました。
2回移植前に他のクリニックでも体外受精されて、陽性がでていません。

Eさんは、卵子には問題がないので、
着床のみ、治療の提案をしましたが、
着床前診断の費用が高額なため、良質の卵子作りも希望されました。

 

子宮内膜の血流の改善
補血・栄養
ミトコンドリア活性と活性酸素を取り除く
この三点で、治療を開始
卵子の成長は180日かかります。

Eさんは、8か月後からクリニックで体外受精を開始
8個採卵、受精6個
8分割新鮮胚で移植
見事に1回で着床しました。

『ピュアさんで、最低6か月間体外受精ができないと聞いたときは、正直あせりもあり
考えましたが、今はそのとうりにして本当に良かったと思います。体ってそんな簡単に変わるわけないですよね。』

Eさんは。第二子を目指されています。

 

二人目不妊

Fさん(38歳)

お一人目は人工授精で授かりました。

現在、人工授精5回目、月経がきてしまいました・・・・と来店

基礎体温表をみてみると、全体に高めです。
高くて、妊娠しづらいです。

半年かけて、低温期、高温期をさげるために
腎陰を補う漢方
を中心にいれていきました。
半年後には、申し分ないくらいの基礎体温となり、
Fさんも疲れると寝汗をかいたりしていたが、
疲れにくくなり、体調が良いと喜ばれていました。

そのころから、周期療法に切り替えて、
タイミングをみていたら
直ぐに自然妊娠されました。

全体を整えてからの周期療法はすこぶる自然妊娠率が高いです。

『一人目の妊娠中、出産、育児よりも、二人目の妊娠中、出産、育児のほうが、
断然楽。おそるべき漢方力です。一人目もせめて妊娠中に飲んでいたら良かった!」

二人目不妊でのご出産の方はみなさん、そうおっしゃいます。笑

一人目も2人目も

Iさん(38歳)

初めて来店されたのが、平成22年4月末
流産されてから、なかなか妊娠しないことで悩まれての来店でした。

Iさんは、冷え性、胃弱
流産後は子宮の血流をよくして、?血を除去することが妊娠につながりやすいので、
胃腸を整えながら、血流改善と冷え対策

4か月後妊娠、出産
その後はサプリメントだけ服用
平成23年の5月から産後の体調を整えるためと第2子も考えて
漢方をはじめられ、本格的には24年5月から妊娠にむけて服用していただきました。
8か月ほどで、自然妊娠

『漢方を本格的に服用しだしてから、
基礎体温もグッとよくなり、胃の方も快調でした。
お肌もしっとり、ツルツル!
体の中からと外からとぐんぐんよくなるのを、実感。
でも、本当に妊娠するのかなと不安もありましたが、
妊娠することができました!感謝です』

Iさんは、漢方を1種類をコツコツと服用されて、
最後にいっきにガンガン服用されました。

それが良かったのかもしれません。

不妊治療に関するご相談・お問い合わせはこちら

PBブランド・プラセンタ詳細はこちら
  • 漢方薬ピュアが選ばれる理由
  • 36歳からの不妊治療お客様ご懐妊の声1
  • 不妊治療
  • 男性不妊
  • 流産・不育症
  • その他の治療
  • 基礎体温
  • 妊娠中・出産後のケア
  • 妊娠中・出産後のケア
  • 会社概要

たんぽぽ茶ショウキT-1 情報サイト