TEL06-6426-1179/FAX06-6427-2012

24時間WEB予約

アクセス案内

不妊治療ご相談下さい
  • ホーム
  • 漢方薬ピュアが選ばれる理由
  • 不妊治療
  • 男性不妊
  • お客様ご懐妊の声1
  • 会社概要
兵庫県尼崎市栗山町1-11-21 阪急「塚口」駅より徒歩15分または尼崎市バス13番路線「南塚口7丁目」バス停下車

流産・不育症

妊娠はするけど、赤ちゃんが育たない!!

原因としては・・・・

染色体異常による不育症 
血液凝固による不育症

抗カルジオピン抗体、ループスアンチコアグラント
免疫学的な異常によって引き起こされる凝固異常のほか、第ⅩⅡ因子、プロテインC、プロテインS、アンチトロンビンⅢの欠乏なども血栓症による胎盤機能不全により不育症をおこす。

自己抗体のよる不育症
  • 抗精子抗体 女性の体の中に入ってきても、精子を異物として判断し、排除しようとする。
  • 抗核抗体 (ANA)自分の体を攻撃してしまう自己抗体のことで核に対する抗体です。
  • 抗リン脂質抗体(APS)血液を固まりやすくする。
  • 同種免疫異常 赤ちゃんを異物として拒絶してしまう免疫異常
内分泌因子よる不育症 

黄体機能不全、糖尿病、甲状腺機能亢進、甲状腺機能低下症、高プロラクチン血症

不育症の原因がわかっているかたは約40%

後の60%の方は原因がわからないのが現状です。

不育症検査で、原因がわからないかたは、とても悩まれておられると思います。
一度、中医学的観点からご自分の体を見つめなおしてみませんか?

中医学的からの不育症(流産)の原因

気虚

気とは各臓器や腑の機能を正常に維持する働きです。
大きく5つの作用にわけられ、推動作用、温煦作用、防御作用、固摂作用、気化作用

この中で不育症と大きく関係しているのは、固摂作用(胎児をあるべき場所にとどめておく作用)

血虚

胎児が育つときには大量の血がいります。血の虚があれば胎児に必要な栄養がいきません。

気滞

気滞とは、交感神経が過剰に働くことです。漢方では気が血をひっぱつていると考えられていますので、気が滞ると血もスムーズに流れず、酸素と栄養も届きにくくなります。

淤血(おけつ)

子宮内の血流が悪いと子宮内膜が硬くなります。また、血流が悪いと酸素と栄養が胎児に行きにくく流産をひきおこしやすくなります

腎虚

腎は妊娠力そのものです。腎気の力がないと妊娠持続が困難です。
妊娠中、腎を補うことは、安胎作用を強化し、生命力の強化につながります。

自分の体を知り、不育症の原因を探ることで、一人一人にあった漢方薬やサプリメントをご提案させていただきます。
その結果当店では多くの方が赤ちゃんを抱く喜びを感じていただいております。

是非、一人で悩まずに当店にご相談ください。

不妊治療に関するご相談・お問い合わせはこちら

PBブランド・プラセンタ詳細はこちら
  • 漢方薬ピュアが選ばれる理由
  • 36歳からの不妊治療お客様ご懐妊の声1
  • 不妊治療
  • 男性不妊
  • 流産・不育症
  • その他の治療
  • 基礎体温
  • 妊娠中・出産後のケア
  • 妊娠中・出産後のケア
  • 会社概要

たんぽぽ茶ショウキT-1 情報サイト