TEL06-6426-1179/FAX06-6427-2012

24時間WEB予約

アクセス案内

不妊治療ご相談下さい
  • ホーム
  • 漢方薬ピュアが選ばれる理由
  • 不妊治療
  • 男性不妊
  • お客様ご懐妊の声1
  • 会社概要

貧血と卵子3

  • 2015年06月4日

これまでの貧血は=鉄不足と考えられてきましたが、

最近では、鉄剤を服用しても貧血が治らない人が増えてきているそうです。

 

その原因が蛋白質不足!!

 

女性は月経で毎月、血液(ヘモグロビンは蛋白と鉄が結合)を失います。

鉄と共に蛋白も失うので、不足しやすくなるためです。

 

次に貧血の原因として、意外に多いのは

亜鉛欠乏性貧血です!!

 

貧血の方の半数は、亜鉛と鉄が不足しておこることが言われています。

 

赤血球膜は、主に蛋白質でできていますが、

亜鉛が不足すると、蛋白質の合成が円滑にできず

赤血球の膜がもろくて弱くなります。

 

赤血球の大きさは7~8μmで、

毛細血管の直径は5~10μmです。

そのため、赤血球が狭い毛細血管を通り抜ける時には

赤血球は変形し、血管の内側とこすり合いながら通過します。

 

しかし、亜鉛不足の赤血球膜はもろく弱いため、

この通過時に破裂しやすいのです。

 

正常な赤血球は、狭い毛細血管を毎日通りぬけても

120日の寿命があります。

しかし、栄養不足の赤血球はもろく、

本来の寿命より、早く壊れてしまいます。

 

結果、赤血球が少なくなります。

日本人女性で一番不足してるミネラルは

亜鉛です!!

 

また、蛋白質不足の原因の一つとして、

お米中心の食生活から

小麦中心の食生活の変化があげられます。

 

お米は必須アミノ酸がそろいますが、

小麦粉は必須アミノ酸が2種類少ないのです。

 

忙しくされている方は

食事を手軽なパンやお菓子などで済ますことも

多くなり、肉や魚、卵などの

良質の蛋白質の摂取が減少します。

 

栄養の摂り方で、

卵子の質が変わります。

貧血だと、

卵子、排卵にもうまくいきにくくなります。

 

食事の摂り方が大切だと

ますます、思えますね!

 

 

  • 漢方薬ピュアが選ばれる理由
  • 36歳からの不妊治療お客様ご懐妊の声1
  • 不妊治療
  • 男性不妊
  • 流産・不育症
  • その他の治療
  • 基礎体温
  • 妊娠中・出産後のケア
  • 妊娠中・出産後のケア
  • 会社概要