TEL06-6426-1179/FAX06-6427-2012

24時間WEB予約

アクセス案内

不妊治療ご相談下さい
  • ホーム
  • 漢方薬ピュアが選ばれる理由
  • 不妊治療
  • 男性不妊
  • お客様ご懐妊の声1
  • 会社概要

精巣(睾丸)は熱に弱い3

  • 2016年08月20日

③精巣(睾丸)の温度は陰嚢の温度に比例します。

下記の論文は、下着の種類と活動性による陰嚢温度への影響を示したものです。

 

論文

記事元:Hum Reprod 2005; 20:1002-7

座位と歩行時の各種下着着用による陰嚢温度の違いを検討しました。

 

 

50名の健常男性(18~45歳、BMI 平均23.8、精巣容積平均14mL)に対して、

両側の陰嚢に温度センサーを装着し1分毎に温度を計測しました。

 

室温は20℃、全員1日の同一時刻に測定を開始し、シャツとズボンは身体にフィットした綿に統一しました。

 

 

45分コースを6セット(トレッドミル歩行3km/hr or椅子に座る)

x(タイト下着orルーズ下着or下着なし)行いました。

 

多変量解析により陰嚢温度は、タイト下着(+0.3~0.5℃)>ルーズ下着(+0.5~0.6℃)>下着なし、

座位(+1.6~2.6℃)>歩行、左陰嚢(+0.1~0.4℃)>右陰嚢、でした。

 

下着の種類による温度差は歩行時に顕著であったため、歩行の際(活動時)には特に注意が必要です。

 

 
解説

精巣の熱刺激は精液所見を悪化させます
健常男性の陰嚢温度は、着衣、通気性、血流に依存するとされています。

who1

過去にも同様な検討はありましたが、サンプル数が10~20名と少なく、

条件が必ずしも一定でありませんでしたので、本研究ほどの有意な差はみられていません。

 

男性は、下着はゆるめで、通気性をよくし、座位を長時間とらないことが大切です。

 

歩けば比較的すみやかに陰嚢温度は低下するので、

座っての仕事の合間に少し歩いてみるとよいでしょう。

 

航空機内でも同様で、エコノミークラス症候群の予防にもなります。

 

子宝カウンセラーの会より

PBブランド・プラセンタ詳細はこちら
  • 漢方薬ピュアが選ばれる理由
  • 36歳からの不妊治療お客様ご懐妊の声1
  • 不妊治療
  • 男性不妊
  • 流産・不育症
  • その他の治療
  • 基礎体温
  • 妊娠中・出産後のケア
  • 妊娠中・出産後のケア
  • 会社概要