TEL06-6426-1179/FAX06-6427-2012

24時間WEB予約

アクセス案内

不妊治療ご相談下さい
  • ホーム
  • 漢方薬ピュアが選ばれる理由
  • 不妊治療
  • 男性不妊
  • お客様ご懐妊の声1
  • 会社概要

抗核抗体に柴苓湯(柴胡剤適応)

  • 2016年01月12日

抗核抗体(ANA)に柴苓湯を使う場合がありますが、

 

簡単に説明すると柴苓湯は柴胡剤で、
まさしく柴胡という生薬が入っています。

 

 

柴胡の入った処方で、メジャーなものは10種類以上あります。

 

 

漢方を処方する上で、證というものがあり、
それに基づいて処方を決定します。

 

 

では、柴胡剤を使う目標は

 
腹診では、胸脇苦満(心窩部や季肋部の抵抗圧痛)があり
舌診では、舌の横側が赤い
症状は横に出やすい(例えば、脇が痛んだり、肩こりなら横がこる、)
情緒ではイライラ、怒りやすい、短気等
PMS、月経周期が早くなったり、遅くなったりして幅がある、
吐き気がする、口が苦くなることがある、上の唇だけ荒れる等

 

私の場合

抗核抗体の方でも、柴胡剤適応でない場合は、違う漢方処方を使います。
もちろん、妊娠・出産されます。

 

 

柴胡剤適応でも、柴苓湯の證でない場合は

やはり、柴苓湯は使わずに
柴胡の入った処方で、證にはまる処方を使います。

 
もちろん妊娠・出産されております。

 

 

一人、一人
その方に適した処方をすることが、不可欠なんだなぁ~とつくづくと思います^・^

不妊治療に関するご相談・お問い合わせはこちら
  • 漢方薬ピュアが選ばれる理由
  • 36歳からの不妊治療お客様ご懐妊の声1
  • 不妊治療
  • 男性不妊
  • 流産・不育症
  • その他の治療
  • 基礎体温
  • 妊娠中・出産後のケア
  • 妊娠中・出産後のケア
  • 会社概要