TEL06-6426-1179/FAX06-6427-2012

24時間WEB予約

アクセス案内

不妊治療ご相談下さい
  • ホーム
  • 漢方薬ピュアが選ばれる理由
  • 不妊治療
  • 男性不妊
  • お客様ご懐妊の声1
  • 会社概要
兵庫県尼崎市栗山町1-11-21 阪急「塚口」駅より徒歩15分または尼崎市バス13番路線「南塚口7丁目」バス停下車

妊娠するための食事量

  • 2017年05月30日

統合医療生殖学会でいつも医学博士の卲輝先生が言われること。

 

『今の人はほとんどの人が食べ過ぎです』

 

卲輝先生の患者さんでの症例では、
体質にあった漢方薬やサプリメントを服用されること
プラス
プチ断食や断食、食事の量を減少させることで
妊娠の良い症例がたくさん発表されてます。

 

では、食べ過ぎは中医学的にどうなるのか・・・

食べ過ぎは脾(消化器)に負担がかかります。
消化の良い和食ならまだましですが、
消化に時間のかかる肉・脂っこいもの・生もの・甘い物
脾の機能を低下される冷たい食事や飲み物

 

このような食事内容や食べ過ぎによって
体内に水毒という毒が溜まると中医学では考えます。

 

不妊の原因としての病名は
多嚢胞性症候群や卵管留水腫です。

 

以前、当店のお客様で、
卵管留水腫と子宮内膜症(中医では水毒と瘀血が原因)を併発されていて
なかなか、妊娠されなかったので
体外受精にむけて食事改善と漢方薬で利水(水毒をとる)と活血化瘀(瘀血をだす)をされて、
赤ちゃんが授かり、
その後は第二子は自然妊娠にて双子を授かりました。

 

ご自分の体質にあった漢方薬で身体本来がもつ機能をあげて、
いらない物はだして、必要な栄養は取り入れていくこと。
しっかりと取り組んでいくと身体は変わっていきます(*^▽^*)

huji

PBブランド・プラセンタ詳細はこちら
  • 漢方薬ピュアが選ばれる理由
  • 36歳からの不妊治療お客様ご懐妊の声1
  • 不妊治療
  • 男性不妊
  • 流産・不育症
  • その他の治療
  • 基礎体温
  • 妊娠中・出産後のケア
  • 妊娠中・出産後のケア
  • 会社概要

たんぽぽ茶ショウキT-1 情報サイト