TEL06-6426-1179/FAX06-6427-2012

24時間WEB予約

アクセス案内

不妊治療ご相談下さい
  • ホーム
  • 漢方薬ピュアが選ばれる理由
  • 不妊治療
  • 男性不妊
  • お客様ご懐妊の声1
  • 会社概要

喫煙がもたらす妊娠への影響2

  • 2016年01月17日

タバコは胚の分割速度を遅くする

 

 

タイムラプスって、ご存知ですか?

タイムラプスとは、個々の胚の分割を動画でみることができる装置です。

 
胚の発生は静と動のメリハリが大切で、分割する時は素早く、

力を蓄えるときは静かにという胚が最も良い胚であることがわかっています。

分割の速度や分割のしかたで、見た目でなく本当に良い胚かわかります!

 

 

Fertil Steril 2013; 99: 1944(フランス)

本論文は、タイムラプスを用いて胚を観察したところ、タバコが胚発生の速度を遅くしていることを示しています。

喫煙による妊娠率低下の一因と考えられます。

 

 

 

顕微授精(ICSI)を行った135名の女性(喫煙群23名、非喫煙群112名)から、

のべ868個の胚を得ました(喫煙群139個、非喫煙群729個)。

 

両群間の、年齢、BMI、ホルモン値、パートナーの年齢、精液所見、不妊期間、

刺激方法、ピークのE2値、受精率、良好胚率、移植個数に有意差を認めませんでした。

 

 

ただし、AMH(3.6 vs. 5.0)およびAFC(胞状卵胞数、15.6 vs. 19.8)は、喫煙群で有意に低くなっていました。

タイムラプスでは、喫煙群(9.31時間)のPN出現時間が非喫煙群(11.12時間)より

有意に早くなっていましたが、PN消失時間は同じでした。

 

 

また、喫煙群(10.97時間)が非喫煙群(8,89時間)より有意に遅くなっていました。

3~8細胞の全てのステージにおいて喫煙群の胚分割の時期が非喫煙群より有意に遅くなっていました。

 

つづく

不妊治療に関するご相談・お問い合わせはこちら
  • 漢方薬ピュアが選ばれる理由
  • 36歳からの不妊治療お客様ご懐妊の声1
  • 不妊治療
  • 男性不妊
  • 流産・不育症
  • その他の治療
  • 基礎体温
  • 妊娠中・出産後のケア
  • 妊娠中・出産後のケア
  • 会社概要